1,あごの成長のバランスを整えることが出来ます

成長期のこどもにしかできないお顔の骨格バランスを整えることができます。矯正治療により正常な発育を妨げるような歯並びや習癖を改善していきます。あごの関節が痛くなる(顎関節症)なども、外科的な手術をしなければ治らないケースをできる限り手術しなくても治るよう骨格的なコントロールをしていきます。

2,永久歯を抜かない可能性が高くなります

永久歯がはえるスペースが足りない場合は、奥歯を後ろに移動させるなど、あごの成長をコントロールすることによりスペースができます。
また、早期治療により将来的に永久歯を抜歯せずに中学生からの矯正ができる可能性が高くなります。

3,早期治療で幼い頃からの癖による歯並びの悪化を防ぎます

指しゃぶりや幼児嚥下えんげは、歯並びだけではなく発音や食べ方・飲み方に大きく影響を及ぼします。たとえば、胃腸に負担がかかったり風邪をひきやすかったり普段お口を閉じにくくなることが起きてきます。早期に癖を改善するとともにお口の周りの筋肉や舌の動きのトレーニングをして正しい筋肉の動きの習得を目指します。

4,早期治療で永久歯での矯正治療期間が短くなります

あごの成長のコントロールをすることで、永久歯が正しい位置に生えるように導きます。
また、永久歯列になってから行う矯正が簡単になり治療期間が短くなったり、必要なくなる場合があります。

当院の症例(こどもの矯正)

6~10歳の時期に、骨格の矯正治療が可能です。6歳ぐらいから今後矯正治療が必要かどうかを判断することができます。
最適な時期に治療を開始することで、お顔のバランスを整えて歯を抜かない矯正治療を目指します。
お子様の身体の成長にも差がありますように、お口の中にも個人差がありますので、それぞれの歯の成長に応じた最も効果的な時期をアドバイスさせていただいております。

叢生そうせい(乱ぐい歯・八重歯)

歯並びが不規則で前後にでこぼこしている

叢生(乱ぐい歯・八重歯)
上顎前突じょうがくぜんとつ(出っ歯)

上の前歯が極端に前方に突き出ている

上顎前突(出っ歯)
反対咬合はんたいこうごう(受け口)

噛み合わせた時下の前歯が上の歯より前方に出ている

反対咬合(受け口)
開咬かいこう(オープンバイト)

上下の前歯が咬み合わず、隙間が生じている

開咬(オープンバイト)

患者様の声

当院で治療を終えられた方々の声です。

患者様の声

患者様の声

患者様の声

患者様の声